book_rubyring’s blog

面白い本を紹介

時事ネタに絡めて、視点を多角化多角化する本を紹介します。
「Amazon.co.jpアソシエイト」

「コメダ珈琲店」そっくり、店舗使用禁じる 東京地裁

「コメダ珈琲店」そっくり、店舗使用禁じる 東京地裁 (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース 2016/12/27

大手コーヒーチェーン「コメダ珈琲(コーヒー)店」に外観や内装が酷似しているとしてコメダ側が和歌山市の喫茶店に対し、店舗外観などの使用差し止めを求めた仮処分の申し立てについて、東京地裁(嶋末和秀裁判長)は差し止めを命じる決定をした。27日、コメダホールディングス名古屋市)が発表した。

コメダ珈琲が韓国ファンドに買収されたのが2013年。コメダは地元密着型の安定企業から、利益追求型の成長重視企業に変わってしまった。

 

この記事にあるような事態も元のコメダであればけっしてなかっただろう。それが顧客を重視し、共存共栄を図る本来の商売のあり方であり、そのおかげでコメダは地元の人々に愛されて、まるで我が家にいるような気軽さで利用されてきたのだ。

 

韓国ファンドとされているが、日経ビジネスの記事によれば、筆頭株主はアジア系投資ファンドMBKパートナーズであるらしい。

business.nikkeibp.co.jp

 

MBKの名前の元にもなっている、マイケル・ビョンジュ・キム氏に関する記事が出ている。

シティが育てた銀行知り尽くした男-PE旋風、グーグル目指す - Bloomberg

 キム氏はMBKをスタートさせる前から既に韓国で最も著名な投資 家の1人だった。1990年にハーバード大学経営大学院を卒業した後、ゴ ールドマン・サックス・グループに入社し、企業の合併・買収(M& A)分野で経験を積んだ。95年にはソロモン・スミス・バーニー(3年 後にシティグループに統合)に移籍し、98年に40億ドル相当のソブリン 債発行を手掛けた。さらにカーライル・グループで2005年まで6年にわ たりアジア部門のプレジデントを務め、韓美銀行への4億5000万ドルの 投資を推進した。その後同行はシティに27億ドルで売却された。

 MBKは独立系投資会社であるようだが、その手法を学んだのはおそらくゴ ールドマン・サックス・グループ時代であるだろう。

 

金融の仕組みや裁判制度を作り上げることで、私たちは、金にむしばまれ、金を持つ物のいいなりになる社会に追い込まれたのだということをここ数年のコメダの動きからもはっきりと読み取ることができるのである。

 

韓国系資本という部分に反応する人もあるだろうが、本来ならばゴールドマン・サックスという名称に反応すべきなのだ。

 

 

関連書評:『日本一の変人経営者』こちらもハウス食品(JAL123便に社長が搭乗)に買収された名古屋の企業、ココイチの話。ちなみにユダヤ教徒の間でやりとりされる年賀状のデザインもはちみつのかかったリンゴを描くのが定番だそうです。