読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

book_rubyring’s blog

面白い本を紹介

時事ネタに絡めて、視点を多角化多角化する本を紹介します。
「Amazon.co.jpアソシエイト」

親指シフトキーボード

パソコンを買い替えようと思って検索していたら、「翻訳者の作業環境アンケート(2015):結果2(ハードウェア)」というページがありました。

note.studiokoala.com

このページにキーボードについて質問があります。7割の人がキーボードを別途購入していて、別途購入する場合は、MicrosoftRealForceに人気があるみたいです。

 

別途購入した人のうち3人だけがHHKB(Happy Hacking KeyBoard)を選んでいます。

 

これは富士通から出ているキーボードです。HHKBにもいろいろな種類がありますが、「親指シフト」という聞き慣れない言葉が付いているキーボードがあります。

 

 「親指シフト」は日本語入力の効率性のために考え出された入力方法です。ローマ字入力の1.7倍早く打てるという人もあって、利用者は次のようなメリットを上げています。

【ラクで爆速】親指シフト入力を習得するメリットを俺なりに書いてみる。 - My Favorite, Addict and Rhetoric Lovers Only

・言語の一音(モーラ)と一打鍵が対応しているのが快感。
・思考→文字入力のプロセスで、ローマ字変換をかます必要がない。
・あたかもしゃべるかのように、指で打てる。
・脳内とディスプレイが直結する。(=キーボードを意識しないで、文字入力できる)。

お金に余裕があり、大量の文章を入力する職業の方は、一度試してみるとよいかもしれません。